カテゴリ:近況など( 38 )

ブリザード

AA呼んで下さった各局ありがとうございました。
現在JARLへの提出書類作成中です。

さて、先週4日の木曜から天候が徐々に悪化、土曜から本日まで長くしかも勢力の強いブリザード。
平均風速は30m/s、最大瞬間風速は40m/sを超え、メンテナンスのために降ろしていた318B-40に代わって上げたTA-341のリフレクタはご覧の通り。

幸い破損はなさそうですので、天候の良い日に復旧の予定です。

d0323764_1444845.jpg

その際ついでに、WARCバンドのDPと6mの5ele八木も上げてしまう計画です。
ただ6mについては観測への影響調査を行う必要がありますので、運用はまだしばらく先か場合によっては運用が実現しない可能性もあります。

de 吉川/JG2MLI



JARL Web

[PR]
by JG2MLI | 2014-09-09 19:56 | 近況など | Comments(2)

JT65 on 40m

d0323764_7521084.jpg

たった今7.039MHz/JT65で電波を出してみました。

しかし、30分ほど出しても見つけてもらえる様子がないので、不本意ながらクラスタの力を借りることに。
するとですね、見向きもしなかった7.039MHzをEU各局がぞくぞくとワッチに入った模様。

だけどオーロラが出ると、コンディションが一気に悪くなるので無線やってるときは出てほしくないんですよね..゛(6 ̄  ̄)ポリポリ

結局1時間CQ出しましたが、どこも見えていないようで。。

しかもJAは午前7時半。時間が遅ぎましたね。

もう少し早く出られる時に再トライしたいと思います。

de JG2MLI/吉川

d0323764_7525591.jpg
ノイズはいつも高め..




JARL Web

[PR]
by JG2MLI | 2014-08-05 07:55 | 近況など | Comments(14)

7MHzフルサイズDP展張

ハイバンド、ミドルバンドがどこも聞こえなくなる南極の冬。

アンテナも冬支度です。今日は気温マイナス28度の中、7MHz帯フルサイズのワイヤーを張りました。

すでに、地面は数メートルの雪に埋もれています。この上に同軸ケーブルを這わせても日ごと沈み始め、その上に積もる雪の重みで更に沈んでいづれ切断されますから、雪面に同軸を這わせることはこの時期できません。
したがって、ワイヤー展張はウィンドスクープによって雪がつかない建物の際。
当然その影響は免れませんが、果たして日本まで飛んでくれるのでしょうか。

7MHz帯運用の時間帯は、0300~1200JST(2100~0600LT)頃。
モードはPhone、CWに加え、RTTY、PSK、JT65を予定しています。
このアンテナは恒久的なものではありません。本年12月中旬までには撤去します。
d0323764_5184311.jpg
すでに日没。アンテナ設営中の今泉(気象)隊員/JH1TOF


de 吉川/JG2MLI
[PR]
by JG2MLI | 2014-07-19 23:23 | 近況など | Comments(0)

5月5日「こどもの日」特別運用QSLカード書き完了

5月5日「こどもの日」特別運用のQSLカード書きを本日行いました。

当日QSOしていただいた局を担当したオペレータ隊員、それぞれが直筆で書きます。

d0323764_555862.jpg

来春3月の私たち55次隊の帰国時にカードを持って帰りますので、JARLへの発送は2015年4月以降になります。
JA1RL、8J3Aを運用された方で、カードを希望される方は直接JARLへSASEでご請求下さい。

ジュニアハムの皆さん、
ちょっと遅くなりますけど待ってて下さいね。



JARL Web

[PR]
by JG2MLI | 2014-07-07 22:27 | 近況など | Comments(0)

8J1RLより

越冬交代(2月1日)から今次隊の運用を始めて5ヶ月が経過しました。
こちらは現在極夜です。
イオノグラムを見ると昭和基地上空のコンディションは冬モードになりつつあります。
日本はEsシーズンもそろそろかと思いますので、次の春(北半球は秋)までQSOできる日は少なくなりそうです。

今期は同一バンドモードのDupeQSOを認めていませんので、一度に大勢の方に呼ばれることもずいぶん少なくなってきました。(それでも数局に1局は"B4"を打たせていただいています)
設備的に不利な方は次のシーズンがチャンスかと思います。


さて、これまでもここで8J1RLの運用方針を少しずつ述べてきましたが、メールで個別に要望をいただくことがちょくちょくあります。
ただ同じ返答を個々に差し上げているとキリがありませんので、こちらでまとめて返答させていただきます。
否定的な返答ばかりになってしまいましたがご容赦ください。


[要望1]
・あるモードで呼んでいたら他のモードにQSYされた。もう少し長くやってほしい。

[8J1RLより]
まず私たちはシングルOP、シングルTXで運用しています。
ある一つのモードでオペを開始したら、基本的には時間が許す限り、呼んで下さる局がいなくなるまで続けたいと考えていますが、コンディションが上昇兆しにあると判断したら、これまで運用が少なく需要の高いモード(ほとんどはPhone)に移行することがあります。
日本国内と違いコンディションが安定せず変化が激しい地域ですので、できるだけ多くの方にNewOneを、と考えています。
ご容赦下さい。

余談:国内の方がCQを出されているのを見つけてこちらから呼ぶことが時々あるのですが、QRZ?しか返ってこない、或いは「完全無視」されることもしょっちゅうなほどSSBは飛ばないのです。。(ケーブルロスが大きくて全体的に決して飛びがいいとは言えないのですが)




[要望2]
・セルフでクラスタに上げてから運用しているようだが、パイルになるとウチの環境では拾ってもらえない。

[8J1RLより]
私も住まいである名古屋のシャックもとてもパイルに勝てるような設備ではありませんので、そのお気持ちは痛いほどよくわかります。
しかし、不本意ながらこちらでは休憩時間、つまりオペできる時間が何時から何時までと約束されているわけなく、お昼休みだろうが深夜だろうがお構いなしに仕事が入ることがあります。
そのためできるだけ短時間に多くの方とQSOしたい想いがあります。
弱音を吐かせていただきますと、微弱な信号を見つけてもらうまで、室温一桁の環境で20分も30分もじっと我慢の子でCQ出し続けるのは、老体には正直しんどいのです。^^;


[要望3]
・このバンドのこのモードがコンファームできていないので、いついつにQRVしてほしい。
・このモードはあるけど、次はこのモードが欲しいのでスケジュールを組んでもらえないか。

[8J1RLより]
できません。
但し、設備的に8J1RLとのQSOが難しく且つ全バンドを通して過去にQSOしたことが全くない局に限って、可能な限りスケジュールには応じたいと思います。


[要望4]
・このバンドが欲しいのでワイヤーDPくらいなら簡単に張れるはずだから、やってもらえないか。

[8J1RLより]
ハムキチですから^^; 自由に上げることができる環境であればとっくに行動に移しています。
ブログでもすでにお伝えしたことですが、知名度が低いせいかこの要望が後を絶ちません。。

南極のどの基地からも観測上の制約のためか、或いはブリザード対策ができないためか運用がほとんどない80m以下のローバンド、また個人的には6mで国内との交信を実現すべく5エレを持ち込んだのですが、なかなか難しく。。


[要望5]
・QRTアナウンスの数分後に、別のバンドやモードにいることがあるようだけど。"QSY"としてもらえるほうがいい。

[8J1RL]
すみません。一人が仕事に戻った後、入れ違いに休憩時間をズラした他の隊員が運用にやってくるためです。


これらはいづれも南極という環境、基地の現状をご存じないためのことであるので、いたしかたないと思います。
ハム界だけでなく南極の現状を一般に広く知っていただく力が足りてないのを痛感する次第です。

今後につきましても個別に頂戴した要望、ご意見につきましてはブログで取りまとめをさせていただきたいと思います。
ご了承ください。


de 吉川/JG2MLI

d0323764_735217.jpg




JARL Web

[PR]
by JG2MLI | 2014-07-05 01:40 | 近況など | Comments(11)

特別運用無事終了

ご連絡が大変遅くなりました。

5月4日のJA9RL/9との運用「ジュニアハムによる南極・昭和基地との交信チャレンジ」並びに5月5日の「子どもの日」特別運用、両日とも日本-南極間のパスがあり今年も成功を収めました。
国内側で対応をされたサポータの皆様、大変ごくろうさまでした。

5月4日は、コンディションが上がるのを待ち定刻より45分遅れで開始、会場に集まる3人の子供たちと、また5日はJA1RL大塚会場に集まる7人の子供たちはじめ、個人・社団のジュニア30局ほどと繋がることができました。

コンディションが急変する恐れもあって、一人ひとりのQSOは短い時間でしたが、オペレートに携わった隊員たちも大喜びでした。

運用についての改善や反省点も多々ありますので今後の運用に活かしたいと思います。

ありがとうございました。

de 吉川/JG2MLI

d0323764_4155456.jpg




JARL Web

[PR]
by JG2MLI | 2014-05-11 22:20 | 近況など | Comments(5)

オペレート練習

昨日27日はコンディションが良かったので10mFMにQRV。おそらく22年ぶりと思われます。
QSBとQRMにかなり苦しみましたが、それでも20局のJAの方々とQSOできました。ありがとうございました。

さて、
5月5日の「子どもの日」特別運用に向けて、関係隊員には当日の流れから運用・電子ログの記入方法まで座学により一通りの基本と実際のオペレートで運用に慣れてもらっています。
お気づきの方もいらっしゃると思いますがここ数日、SSBでの運用が多いのとオペレータが頻繁に入れ替わるのはそのためです。
QRAをおっしゃっていただけるとこちらもオペレータが誰であるか名前を告げると思います。

どの隊員も日本の子供たちとの交信をとても楽しみにしていて、日々練習に励んでいます。

de 吉川/JG2MLI
d0323764_18521545.jpg

d0323764_18523463.jpg




JARL Web

[PR]
by JG2MLI | 2014-04-28 12:55 | 近況など | Comments(6)

平穏

約2ヶ月間続いた10mの高コンディションも落ち着いてきました。

これまで賑わっていた10mはここ数日全く聞こえず、20mもEUの数局が聞こえるのみ、15mに至ってはそもそも最初からコンディションが低迷してます。昭和時間(JST-6)の深夜の40mもまったくNGです。
JT65でCQを出しても誰も見えていない様子。。

来月上旬には日本のこどもたちのための運用も控えていますし、このままこの季節のDXシーズンを終えてしまうのは寂しいのでもうちょっとF層に頑張りを見せてほしいところです。

de 吉川/JG2MLI



JARL Web

[PR]
by JG2MLI | 2014-04-15 23:11 | 近況など | Comments(6)

e-QSLに関するお願い

昭和基地も厳冬期に向けて気温がぐんぐん下がり始めました。今日の外気温度マイナス17.8度。
凍てつく外とは扉一枚を隔てただけで暖房のほとんど効かないシャックではそろそろ1時間も体が持たなくなってきました。

それでもやっぱり三度の飯より..(苦笑)。我ながら呆れます。


さて、
以前の記事でe-QSLの扱いについて概要だけ述べました。

http://cq8j1rl.exblog.jp/20445006

これについて複数の方からメールで問い合わせや意見を頂戴しましたので、あらためてそれについてもう少し詳しく述べたいと思います。
私が53次越冬で運用を行った際に、「紙カードは帰国後に発行」という事情をしらない特に海外局から、ログの照会やSASEの返信がないことに対して相当量の催促メールが来て、越冬期間中その対応に膨大な時間を割かれた経験があります。

そこで少しでもそれを緩和すべくあくまで個人的な省力化目的で始めたのがe-QSLであり、これは補助的な意味合いでしかありません。よって、お金がないので既製カードです。(昔は無料でデザインができたんですけどね)
JARLの許可はいただいています。
その後の54次隊では運用そのものはしているもののe-QSLの発行はありませんから、今期55次隊で2年目になります。
しかし、無責任な言い方ですが、来年以降はその隊のオペレータに委ねられますので、そこまで手が回らないと言われればそれまでになってしまうでしょう。

本来であれば、始めた以上はinbox内のデータとログを照会すべきであり、それができないのであればお叱りを受けるのは当然と思います。
しかし、同じ趣味を持つ者として大変残念な事実があることを敢えて申し上げるとともにご理解いただきたいのです。

・QSOをしていないのにクラスタを見ただけで適当に書いて、あわよくばゲットできるかも..
・日付も時間も明らかに異なる虚偽のデータを送りつける..(しかもそんなバンド出られませんし^^;)
・で、リジェクトすると、返信メールにこれまたご丁寧にあり得ない偽装ログを貼りつけてくる。

的なデータが非常に多く、ただの逃げ口実にしかなりませんが、一件一件調べていてはオンエアすらできなくなってしまいます。
中にはこちらのミスコピーもあるかも知れませんが、確率的に異常なほどです。

そこで、知名度の低いブログですから、皆さんのお力で国内外問わず以下の一件だけ拡散いただけると嬉しく思います。

e-QSLは遅くとも1週間以内には発行しています。それを経過してもQSLが届かなければ、そのQSOは無効と判断して下さい。

私たちは、南極とQSOできた事実とその喜びに加え、南極についてまた、そこで行われる私たちの観測事業について少しでも関心・興味を持っていただきたく一人でも多くの方とのQSOを望んでいます。
ですのでクドいようですが、同一バンドモードの重複呼び出しはご遠慮下さい。特にJT65の重複は心底勘弁していただきたいです。

あ、逸れましたね。。^^;

de 吉川/JG2MLI


JARL Web

[PR]
by JG2MLI | 2014-04-14 23:50 | 近況など | Comments(6)

8J1RLのJT65運用について

ハイバンドが好調です。
一昨年は18時LT(JST-6)にもなれば10mはEUすら聞こえなかったのですが、今年はASがまだ聞こえます。
この勢いで6mのアンテナも上げてしまいところです(笑)

さて、JT65の運用を始めて2週間ちょっと。本日現在このモードでのQSOは117局です。
順調に行っても1局あたりのQSOに最低6分かかりますので、平日昼食後の20~30分の間に交信できるのはわずか数局です。

そこでQSO成立のカギをお教えします。

8J1RLはソフトウェアにJT65-HFを使用しています。
デフォルトで"TX DF=RX DF"はチェックは外しています。
さらに、QSO成立のタイミングで毎回手動で"Enable Multi"のチェックを入れています。
これはオンフレでたくさん呼ばれるとまったくデコードできないためです。
但し、周辺の周波数を独占してしまう恐れがありますので、極端に外れている局はピックアップしないように気をつけています。

もう一点。何局かからコメントやメールでご意見や質問を頂戴しました「運用」に関する件を、敢えて今回記事にさせていただきます。
私たちは、時間は掛かりますが基本通りの運用を行います。

8J1RL JA2*** PM85
JA2*** 8J1RL -12
8J1RL JA2*** R-15
JA2*** RR QRZ

というペディションスタイルはとりません。
互いの"73"をもってQSO成立としています。
ですので、"RRR"後に呼ばれてしまうと、呼ぶ側も呼ばれる側も先へ進まなくなり、時間だけが無駄に費やされることになってしまいますので、どうかご協力をお願いします。

その理由を申しますと、すでにQSOを始めた相手局の"8J1RL JA2*** R-15"にかぶせて呼び倒す局が結構いますので(JA局ではありませんが)、"RR QRZ"では相手局に届いたかすらこちらでは確認の術がありませんので。

de 吉川/JG2MLI



JARL Web

[PR]
by jg2mli | 2014-03-27 05:56 | 近況など | Comments(6)